JA-DO DRAGON CAP

 

2016年秋、気温11度、水温安定せず14~18度
北風も少し多くなり、とうとう防寒を出す季節となってきた11月中旬
ここ数日、中国エリアへの遠征が多く、個人的にかなりスキルアUPした実感と
そして何よりも、「楽しい・・・」釣りに対して、少しだけ「楽しい」という気持ちが
戻ってきている事に、内心ホッとした安堵感に浸りながら
遠征先から、戻り直ぐに、地元エリアの「サヨリ」攻略へ連日連夜釣行し
今年一番の釣果を叩き出す事が出来ていた。
しかし、釣れているとはいえ、やはり今年の大阪湾は調子がイマイチな事は否めない
ボートフィッシングでさえ、やっと・・ようやく大阪の朝マズメにかもめ大橋付近でナブラゲームが多少始まり、熱い釣りをする事が可能となり、台船周りに付いた産卵前の個体や、アフターの少しましなサイズがパラパラと釣れている感じだろう。
しかし、その魚も川から下りきり、スクールとなった状態の個体も多く
そういうことからも、そろそろ終わりを覚悟しなくてはならない時期に入ったともいえる。

もちろん、全ての個体が瞬時にいなくなるわけでもないので、ズルズルと釣れる場合もあるため、諦める必要はなく、気持ちの入れ替え「冬の釣り」アフターや越冬シーバスへの釣りへシフトしなくてはいけないだろうということだ。

だが、やはり「秋」の個体をどうしてもキャッチしたい、その思いは皆一緒であるはず
わたしも、地元では、納得した釣り方!は出来てはいるが、
満足!という釣果は叩き出せていないので、きっと最後のチャンスであろう潮回り11月の中旬大潮あたりから、真剣にエリア回りをしてみた。
基本「淀川」やはり大きなサイズが出るエリアの一つとしてあげられ、私も唯一90オーバーを3本キャッチしている河川であるため、狙いは、この河川一本に今回は絞った。
大和川で良いサイズがあがったという連絡も受けていたが、何かそういう・・なんだろうか・・大きな個体を単に釣りたいというより「ここで!釣りたい」この気持ちが自分は強く、変に天邪鬼な部分があるのが難点だ
そして、15.16.日ショアからめぼしいエリアを、潮上げのタイミングと下げのタイミングを10時間かけ、二日間確認。

やはり、遠征のスキルが役立った・・そんな一瞬を垣間見る瞬間が地元の河川にもあった。
普通であれば、良いタイミングで入り、良い場所へキャストした瞬間アタリが無ければ、
なんとなく・・今日は無理だな・・なんていうアングラーが多いと思うが、しかし
潮の種類下げ方上げ方で、流れの向きスピードすべて違うのが淀川の特徴
実は、15日は全く同じ場所だったのにバイトはほぼ無し、しかし16日はバイトが多発
単純にその日には、魚がいた・・そういう理由ではなく、「居たのに食わなかった」が正解だ。
実際、何処のエリアも魚が急に全ていなくなるなんて言うのは本当にまれな話
広島などは、干満差で干上がってしまうエリアが多々あるため、魚は川に居なくなる
それは本当に特殊な場所。
しかし、大阪ではそんな場所は少なく、ほぼ必ず「居付き」というタイプの魚が存在しているので、数日釣れた場合は、ほぼ100%魚が0になるという事は考えにくい。
では、なぜ喰わないのか?
「タイミング」
この言葉ひとつだけであると思う。
いろんなタイミングがあると思う
「潮の上げ下げ」「流れの向きや変化・スピード」「水の濁り具合や水温変化」「ヨタの回数」
そして、それに伴った「ベイトの落ち方」
これをどれだけ自分の中で把握して、自分の向き合っているフィールドに、あわせる事が出来ているかどうか、
そしてその日の魚の状況判断を、ショートバイトであったとしても、それをどのようなショートバイトとして認識するのか?
単純にルアーが合っていない・・レンジ・・いや、サイズか・・カラー?
それを、ガシャガシャと何度も何度もルアーローテーションしている間に、あっと今に地合いは過ぎる事を、もっともっと認識したほうが良い。
そんな自分も完ぺきではないことは重々分かっているが、重要なルアーローテーションの順番をちゃんと作る事。
当たらないから、ルアー交換これは、良いと思う。しかし、ショートバイトが出てから、「カラー」だ!なんていうのは順序違いと自分は思う。それであれば、レンジ・・もしくは・・というか、自分なら「流し方」自分のキャスト位置と食わせ方のミスではないかと考え、そのままルアーを交換せず続ける事が多い。
そして、それが、その日の個体の状況判断が出来るという訳だ。
活性が高ければ、多少のレンジ違いやカラー違いサイズ違いなど気にせずアタックは何度もしてくる。
しかし、活性が悪く、なぜかスプーキーな個体が居るとわかれば、それに合わせたローテーションを考える。基本は「レンジ」そこで少し弱っていたり、タフっているような個体に合わせた「送り込みの釣り」を展開し、魚をキャッチしていく。
実は今回のメーターオーバーキャッチは、この「送り込み」でのキャッチとなった。
昨年の広島遠征で使った技で、アフターやスプーキーな魚を上手く掛ける技だと自負している。
この釣りの根源は「サイトフィッシング」実は14年ほど前、EG社の菊元プロ・スタッフの鳥居さん、そして久保さん、現在のうちのスタッフである正臣の4名で淀川へ、シーバスを菊元さんが急に釣りたいということになり行ったときに、自分は既に「シーバスのサイトフィッシング」を攻略しており、見えているシーバスは(ある一定条件はあり)
100%口を使わせる事が出来ると、断言し向かったわけです。
そしてそこには、90UPの個体が二匹・・目の前に見えている状態、しかしもちろん
固定はされておらず、右往左往していましたが、「あれ釣りますね」そうう断言し、
4名の目の前で91センチのランカーを当時「EGのスレッジ7」でキャッチしました。
それを見た、菊元さんは「なんやあれかいな・・」そういい、数分で・・そして
初のシーバスが90オーバーという、なんとも言えない。。
なんでしょね・・圧巻というより
なんかやる気なくす感じでしたよ 笑
当の本人から最初に出た言葉は今でも忘れません
「シーバス・・なんや、簡単ヤナ」
もう、流石というしかない一言でしたね。
そんなサイトからの釣り。
この事が、自分の釣りの基本となり、「見えない場所にいかにその姿をイメージできるか」
そしてこれがきっかけで、自分の「シーバスフィッシングスタイル」となったわけです。
見えていない場所でも、確実にこういるはず・・・そうであればこっちから・・こうアプローチさえすれば、必ず口を使う!それを断言できる!
それだけが楽しくてシーバスを続けているわけです。
なので、自分の得意じゃない釣り・・=回遊の釣りとなるわけです
今それを、練習しているそんな状態ですね。 そして、その考元に、17日の下り中潮一日目
居付いえをているであろう、某所シャロー1.5mへ狙いを定め、とにかくあるタイミングを待つ
しかし・・全く流れも、その他のタイミングもなかなか来ない・・
ヤバイ・・河口沖へ下ってしまったか・・そんなとき同船していた、スタッフ中野氏に待望の70UPがHITしキャッチしてくれたのだが、何か違う・・この二日間ショアからとった魚とは全く違う個体・・アフターに見えた。
という事は釣り方を少し変えなくては普通のドリフトで簡単に釣れる魚ではないと考え、
そこからロッドを持ちキャストを始めた。
ルアーは「邪道がるる132F」
ロッドはショアでメインに使うブラックアロー89MM
理由はあった、ショアからのイメージで無いと、デカイ魚はとれない・・ここ数年その思いをずっと持っていたため、今回このショアロッドで操作を行い釣行することを決めていた。
そして、数分キャストし、何かちがう・・なにも当たらないし、ベイトさえ浮かない
一瞬・・魚が居ない?そんな考えを持ってはいけない事を分かりながらも、とにかく
頭を色々切り替えていく・・・
もし・・・
アフターの魚だけ・・しかいない・・
この二日間の太い産卵前の魚が全くいないと仮定したら・・
時間は無い・・潮の限界もあるし、流れの変化タイミングは一瞬。
産卵前の太い固体を狙う事を諦め、ルアーをアフターが食いやすい角度と、そのあたりに付くであろうエリアへ上手くトレースしていく。
明暗部ではなく、暗闇にある1.2mのハンプショルダー・・一点に集中させ
ルアーをその部分のみに「送り込み」をする。
すると、一瞬・・スラッグの出たラインに違和感を感じ、体に緊張が走る・・
「おさえこみか・・引っかかりか・・」
しかし、この違和感は何度か感じた事のある前あたりだったため、ロッドティップをほんの2センチ程だろうか、軽く前に倒しルアーをターゲットへ「送り込み」した。
次の瞬間
「グンッ」
よし、反転した!
完璧にアフターのアタリ。
送り込んだルアーを一瞬吸い込むが吸い込み切れず吐きだそうとするそこで、普通であれば、アタリとしてあわせを入れてしまうのだが、それをすると最初に書いた「ショートバイト」になって、ルアーだけ帰ってくる。
しかし、ラインスラッグとラインサイズを上手く使うことで、前あたりをとる事が出来る。
PEの良い部分はアタリが即座にでるのであわせが速くなる
しかしデメリットは、早あわせになる!
これを頭に入れた釣りを必ずしてほしい。
それがラインスラッグと号数の使い分けだ。
今回はサンラインPEキャストアウェイ16Lbでシッカリと水をつかませラインスラッグで前あたりをとり、吐きだそうとしたルアーフックを軽く唇に掛けたまま、川下へ反転した瞬間のアタリをシッカリとフッキングさせたというわけだ。
このアタリもこのフッキングも、ショアで培ったロッドワークそして今回ボートでこの89MMを使用したことで、いつもの感じでアプローチする事が出来たことが勝因となったと思う。
そこからは、フェイスブックや私のブログに書いている通りのストーリーだが、
とにかく、掛けた時は70UPくらいか・・とおもい数秒・・あれ?あがってこないな…
80あるんじゃね??そして数秒・・ありゃ・・上に・・上流へガンガン行くぞ!おかしい
もしかして80後半あるなこれ・・
となり、普段ランディングは自分でするようにしているのですが、今年の大阪湾は貴重な80UPだったので、中野氏に「申し訳ないですがランディングおねがいします!」
そう頼んだあと、彼の口から「いやこれ・・多分やばい奴ですよ・・なんか姿見えましたもん」
とはいえ・・あったとしても90っしょ
と、まだ自分も本当に余裕が何故かあったわけで、なんだろうね・・
ショアで本当にいろんな体験させてもらって、巨大なアカメも掛けさせてもらったり
バラシマシタが
広島では確実にメーター超えたであろう個体を…バラシマシタが
そんなこんなで、よくわかんないんですが、変にバラシ癖がついたせいで、
ばらしても良いよ~掛けるまでが僕の釣りだから
「狙った魚に口を使わせた時点で、自分の釣りは完結している。」
いつの間にかそんな気持ちがおこるようになり、イベントでもそんな話をいつもしていたからであろう・・
余裕がかなりあった
しかし、なかなか・・姿が見えない・・5分は経ったであろうか
その時、急に魚が暴れ出し、ドラグを4キロに合わせていたのだが、ジリジリと出され始め、89MMだぞ・・おい・・・比較的しっかりしたロッドが折れる・・折れんばかりの弧を描きだし・・ヤバイとおもいドラグを緩め、魚をいなし始めた。
そして、次の瞬間・・見た事の無い固体・・一瞬「アカメ」じゃねーのか?
自分は、メーターオーバーをキャッチした事が無い
93センチが最高のサイズ
しかし、見た事の無いメーターサイズではあるが、瞬時にメーターだ・・・
そう確信できるサイドシルエットが見えた
やばい・・緊張してき・・ 「うわあああああああすげえええええええええ!まじすげーっす!」
突如横から声があがる(驚

 

 

いつも冷静沈着な中野氏が、本当に聞いた事の無い大声で叫んだ。
きっと本人も気が付いていなかったと思うw
そのおかげで、緊張し始めた体は、全く無くなり60UPをいなすかのように、何度かランディングへ持ち込む方向へ持っていく事が出来たのだが、
興奮状態の彼はそれどころじゃ無い様で
うわ・・・ド・・ドうしよどっから掬いましょ・・うあわ!」
2回ランディングミスして、フック一本になっちゃいまして
流石に焦って、ネットの突っ込み方と方法を魚やり取りしながら説明し、そして
「ザンッ」
やったああああああああああああああああ
と、中野氏が叫ぶ
あ・・おれが先じゃないんだ
先に叫ばれた
と、その叫びの後に、「よっしゃああああ!」と、心の底から叫び2人でがっちりと握手した。

その場で計測したサイズは「103センチ」動画にしかあげていないがちゃんと測っている。
重さは実際のところ分からないが、7キロや8キロではない一応うちで10㌔のダンベル持ち上げてるので、それ以下か以下でないかくらいは分かるつもりだが
あえて10キロクラスと書いておきたい。 本当にうれしかった。
地元・・この大阪湾でメーターオーバーをキャッチする事がどれだけ難しいか
それは自分が一番知っているつもり。
「運」
そう、これが一番の要素だと分かっている。
その「運」を生かすも殺すも・・アングラー次第であるという事も。

この海神は必ず生きて戻さなくてはと、2人でシッカリと酸素を送り込みながら
記念撮影と、本誌やメーカーの宣材写真を手短に撮り、
無事元気よく帰って行かれました。その動画もFBにUPしてあります。

今回、本当に長文となってしまいましたが、まだ夢は諦めず
この大阪湾にもまだ可能性があるという事を伝えたく書かせて頂きました。

今後もっとつらくなる可能性もありますが、いつか・・いつかきっと
「運」というタイミングと
そして、その運を最大限に使えるテクニックや考えを培って
私もさらに、邁進したいと思います。
そしていつか、皆様にも「夢」が舞い降りるようお祈りしております。


仕様タックル
ロッド・AIMS・ブラックアロー89MM
リール・14ステラ3000HGM
ライン・サンラインキャストアウェイPE16LB・リーダーVハード5号
ハンドル・メガテックリブレ・F.V50/55 ノブffフォルテッシモ
ルアー邪道「がるる132F:カラーちゃおれ」
フック・がまかつSPMH6番(フロントリア)SPMH5番(センター)可変バランス

 

 

関連商品